特別セミナー

 『売れる商品の9割は商品コンセプトで決まる!』をテーマに、商品企画・商品開発・マーケティング部署の各種団体様向けの研修をおこないます。2日間集中研修と、各種実践ワークショップをご用意しております。また各種実践ワークショップは、お客様で自由に複数のテーマを組み合わせることができます。

成熟消費時代の“刺さる”商品コンセプトの作り方【2日間】

メインテーマ『売れる商品の9割は商品コンセプトで決まる!』

 <概要>

 人  数:5名~10名(11名以上の場合はお問い合わせください)

 料  金:28万円~38万円(消費税・会場費・交通費等実費別)

 対  象:商品開発に関わる方(経営者、商品企画・開発・マーケティング担当)

 研修時間:7時間 ✕ 2日間

 開催場所:ご希望の会場

 講  師:北川 幸一(トゥモローブレイン株式会社 代表)

1日目テーマ『商品コンセプトの9割はターゲットで決まる!』

 

0.商品企画 4つの脳「あなたはどのタイプ?」

 刺さるコンセプトの作り方 フローと特長

 

1.消費者価値観の流れ・チャンスをつかむ

 

 ・なぜ尖ったコンセプトの商品が受け入れられているのか

 ・成熟社会は心、感性、多様化の時代

 ・消費者の選択基準の変化と本質ニーズ

 ・差別化されたヒット商品を多眼的に分析(テレビ、キッチン家電、ヘアケア用品、ミニバン、食品等)

 

2.北川流セグメント手法:顧客価値観セグメントmap

 【レベルチェック】 あなたの頭の柔軟性

 ・市場の切り口をみつける3つの視点

  セグメントLV1:イノベーター尺度

  セグメントLV2:価値観・本質ニーズ

  セグメントLV3:セグメントのターゲット枠設定

 【演習】今までの市場の切り方を見直してみよう

 

3.刺さるコンセプトを作るターゲティング鮮明度

 【レベルチェック】顧客像がどれくらい鮮明に見えているか

 ・ペルソナを使ったマーケティングの成功例

 ・顧客像が鮮明になると何が見えてくる?

 ・商品コンセプトワークシートでターゲット発掘

 【演習】ターゲットニーズを可視化してみよう

 ・「ターゲットを絞ると売上が減る」と言われたら?

 

番外.落ちてはいけない商品企画の落とし穴

 【北川の商品企画 経験談・エピソード】

  ・アイデア会議のブレインストーミングでの注意点

  ・出来上がったら「普通」の商品になってしまった…

  ・お悩みにこたえます Q&A


2日目テーマ『商品の価値はシーン・ベネフィットで決まる!』

 

4.刺さる商品コンセプト(高付加価値)の3要素を発掘

  商品コンセプトワークシートをつかって

 【演習】

 ・ターゲット発掘の振返り

 ・4つの価格の法則より=シーン発掘

 ・高付加価値のニーズ =ベネフィット発掘

 

5.成功する商品コンセプト名・キャッチコピーをつける

 ・ベネフィットの優先順位付け方法

 ・一番のベネフィット”売り“を決める

 ・顧客プロファイリング「顧客に響く琴線キーワード」抽出

 ・成功する商品コンセプト名の秘訣

 【演習】 商品コンセプト名・キャッチコピーを考えよう

 

6.刺さる商品コンセプト(プレゼン)ワンシート企画書

 ・1枚で書くワンシート企画書の要点

 【演習】 ワンシート企画書を作成

   

7.商品企画会議でのプレゼン実践テクニック

 ・一番効果があるのは・・

 ・審査員の評価項目と判定基準をしれば成功率UP

 ・あがらない秘訣

 【演習】

 ・ワンシート企画書を使ってプレゼン!

 ・皆で採点とアドバイス

   

【まとめ発表】商品コンセプトシートを使ったミニプレゼン

 (企業の場合は経営者・上長の参加可能)

 


【各種実践ワークショップ】“刺さる”商品コンセプトづくり

 成熟消費時代の商品・サービスの付加価値、そして生き残りは企画・マーケティングとアフターサービスの業務で決まる! 

「これからの時代は企画力が勝負、商品プランナーの人財育成が経営の最重要課題である。」ソニーの盛田昭夫名誉会長が生前よく語られた言葉です。

 ソニーで商品企画・マーケティングに携わった講師による、成熟消費時代の“刺さる”商品コンセプトの作り方の数々のテクニックを、経験談や実践ワークショップを交え伝授いたします。商品・サービスの商品力強化、企画力の向上、商品プランナーの育成にご活用ください。

 また、受講者満足度評価は「経験をもとにした実践的な内容でとても役に立った」等で【期待を大きく上回った】最高ランクを頂いております。

<概要>

人  数:5~20名(21名以上の場合はお問い合わせください)

料  金:4万6千円~16万円(消費税・会場費・交通費等実費別)

講義時間:各3時間

主任講師:北川 幸一(トゥモローブレイン株式会社 代表)

セミナー番号  商品企画コンセプト 0001  商品企画コンセプト 0002

 商品企画コンセプト 0003

 商品企画コンセプト 0004  商品企画コンセプト 0005  商品企画コンセプト 0006  商品企画コンセプト 0007  商品企画コンセプト 0008
テーマ  ブレーンストーミングとKJ法の極意  市場を知るトレンド発見   市場の波を予測 長期市場サイクル   市場を切るセグメンテーション  消費者を知る顧客プロファイリング  アイデア発想の5つの法則  ペルソナ分析で潜在ニーズを発掘  刺さる商品コンセプトシート作成
サブテーマ  アイデアがドンドン湧き出る!サクサク整理!  トレンドから消費者の隠れたニーズをつかむ   ウェーブフロント、波をとらえた者が覇者! 

 価格競争から離脱、ブルーオーシャンへの第一歩

 顧客に刺さる、心に響く商品・サービスのキーワード SNSの時代はアイデアで決まる!  刺さるコンセプトを作るターゲティング3STEP   売れる商品の9割は商品コンセプトで決まる
概要  近年のヒット商品はアイデアで決まります。「面白い!マスコミやSNSで拡散、目の付けどころが違う!」そんな面白い、商品やサービスのアイデアがドンドン湧き出るミーティングの極意を伝授します。「アイデア会議が覚醒しない」「まとめたら普通に」等の経験はありませんか?ネットや文献にない活きたノウハウが聞けます。社員活性化にも有効です。  次期の商品開発の方向性やテーマ設定、並びに商品コンセプトメイキングにおいて、市場のトレンドの変化の兆しをいち早く捉えることが売れる確率を上げる秘訣です。さらにはトレンドの現象・事象を掘り下げることで消費者の隠れたニーズを発見し、商品やサービスのヒット化や高付加価値化を狙う。その方法を伝授します。  中長期の商品開発の方向性やテーマ設定、並びに短期の商品コンセプトメイキングにおいて、10~100年の長期サイクルにおいて市場で繰り返される波を把握して、先を予測することで売れる商品像や商品開発の方向性・重点がみえます。当社独自の”売れる商品企画の達人技”を伝授します。   次期の商品開発の方向性やテーマ設定、並びに商品コンセプトメイキングにおいて、売れる商品創りの基本戦略であり価格競争のレッドオーシャンから抜け出すための事業戦略がSTP戦略。成功企業の多くがをこの戦略をしっかり押さえています。現代消費社会の多様性とSTPの重要性を戦略視点で解説。そしてSTP戦略の第一歩であるS:セグメンテーション(市場の細分化)、その切り方・区分けの方法の基本を伝授します。  「50万円の商品をバカ売れさせた」とマスコミにも取り上げられた活動の中の市場分析技術。7年間における全国302名の販売員の協力を得て実売顧客3,000組超の購買心理分析、『顧客プロファイリング』。顧客タイプ毎の刺さる商品のコンセプトや仕様化のポイント、ならびに売上10倍を実現させた心に響くキーワードをご紹介します。キャッチコピーやPOPの販促やセールストーク開発にも有効です。  「面白い」「目の付けどころが違う!」情報とモノが溢れる成熟社会ではユニークなアイデアが商品のヒットや高付加価値に大きく影響する時代。その傾向は益々加速します。企画マンに求められるクリエイティブ脳の開発法、アイデア発想法を習得できます。  商品コンセプトメイキングにおいて、マーケットインの発想や顧客視点の商品開発が注目されます。その一つの手法がペルソナ分析です。しかし多くの方は「顧客像が鮮明に見えない」「顧客の姿は可視化したけど潜在ニーズは発掘できない」そんな経験はないですか?顧客視点の目で、消費者の隠れたニーズを発見する方法を伝授します。  成熟消費社会では、顧客視点の消費者に刺さる商品開発がカギとなっています。その刺さる商品の9割は商品コンセプトで決まります。商品コンセプトづくりの3大要素であるターゲット・シーン・ベネフィットの設定や掘下げ方法を取得し、ヒット商品化・高付加価値化を狙います。 
対象業務  商品企画・マーケティング・開発設計(業種業務内容問わず全てのアイデア検討会で活用可能)  商品企画・マーケティング・開発設計・販売・店舗運営  商品企画・マーケティング・開発設計・経営管理・事業企画・販売  商品企画・マーケティング・開発設計・経営管理・事業企画・販売  商品企画・マーケティング・開発設計・販売・店舗運営  商品企画・マーケティング・開発設計・販売・店舗運営  商品企画・マーケティング・開発設計  商品企画・マーケティング・開発設計
対象者クラス  部課長・リーダー・担当、商品戦略・商品企画に関わる経営者・役員  部課長・リーダー・担当、商品戦略・商品企画に関わる経営者・役員  部課長・リーダー・担当、商品戦略・商品企画に関わる経営者・役員   部課長・リーダー・担当、商品戦略・商品企画に関わる経営者・役員   部課長・リーダー・担当、商品戦略・商品企画に関わる経営者・役員   部課長・リーダー・担当、商品戦略・商品企画に関わる経営者・役員   部課長・リーダー・担当、商品戦略・商品企画に関わる経営者・役員  部課長・リーダー・担当、商品戦略・商品企画に関わる経営者・役員
 主な内容

 ・ブレーンストーミングとKJ法って?用途は?

 ・ブレーンストーミングの流れ

 ・脳のストレッチ

 ・クリエイティブ脳力開発

 ・アイデア発想“ブレストの極意”

 ・アイデア発想“KJ法の極意”

 ・ドンドン湧き出るアイデアブレスト7箇条

 ・市場のトレンドを発見する手法は?

 ・短期トレンド&長期サイクル

 ・トレンドの現象・事象から隠れたニーズをつかむ

 ・トレンドから支持する人の意識や価値観がみえる

 ・ヒット商品からトレンドを把握する方法と活用法

 ・最新トピックスからトレンドを把握する方法と活用法

 ・市場トレンド発見7箇条

 ・市場で繰り返される波、波をとらえた者が覇者!

 ・長期トレンドと客層の関係性

 ・3~10年の製品ライフサイクルの予測手法

 ・10~100年の市場サイクルの予測手法

 ・自社の業界のライフサイクル分析ワークショップ

 ・予測した客層・商品開発の重点の活用法

 ・市場の波をとらえる7箇条

 ・日本の消費社会は多種多様な個の時代

 ・レッドオーシャンから抜け出すためのSTP戦略とは

 ・S:セグメンテーション 市場を細分化3つの視点

 ・視点その1:身体的能力の切り口

 ・視点その2:社会環境の切り口

 ・視点その3:精神的価値観の切り口

 ・消費者タイプで刺さるポイント・キーワードはまったく違う

 ・その背景は?

 ・初級編:イノベーター尺度とモノとお金の価値観5分類

 ・顧客層5つ毎の購買重視点と刺さるキーワード

 ・中級編:感性と価値観の顧客タイプ別5分類

 ・消費者の価値観をマトリックスで25分類

 ・顧客ターゲットの仮定と商品コンセプト

 ・レベルチェック 自分の頭の柔軟性・頭の体操

 ・今後の無くなる仕事、求められる脳への進化

 ・アイデア発想の5つの法則

 ・アイデア発想法①

 ・脳内ネットワークで進化

 ・アイデア発想法②

 ・ヒラメキ力、脳内ネットワーク開発の7箇条

 ・レベルチェック 顧客像がどれくらい鮮明に見えていますか?

 ・ペルソナを使ったマーケティングの成功例

 ・顧客像が鮮明になると何がみえてくる?

 ・STEP1:セグメンテーションで切り口を見つける

 ・STEP2:ターゲットの鮮明度を上げる

 ・STEP3:困っていること、潜在ニーズ発掘作業

 ・ワークショップ ターゲットを可視化してみよう

 ・顧客視点のモノ・サービスの開発

 ・商品コンセプトの3大要素

 ・ターゲットの設定方法

 シーンの設定方法

 ・ベネフィットの掘下げ作業

 ・一番の売りを決める

 ・商品コンセプト名をつくる

ご不明な点は、【電話 058-214-7775】 または【お問い合わせフォーム】よりお気軽にお問い合わせください。