起業のきっかけ


 私がプロセスコンサルタントになろうと決心した背景は、大手家電メーカー勤務の32年間の前職時代において「誰もやっていないことへのチャレンジ」「自由闊達で愉快なること、仕事は苦しいが楽しむこと」の創業理念のもと、多種多様なプロジェクトを通じ失敗もありますが前会社内で一番多くの「まさかこんなことができるのか?の成功体験!」「一度知ったらやめられない自己実現の喜び」を体現できたことです。苦労の連続でしたが非常に楽しい会社人生活であり、非常に恵まれた創業者や諸先輩方のご指導のお陰です。

 

 もう一つの背景が私はモノづくりの製造現場出身ですが「良い商品づくりは商品化工程の源流改善におけるお客様満足の向上」の志を持って32年間務めてきましたが、約5年毎に製造→設計→開発→商品企画→マーケティング販売→品質・顧客満足向上の源流部署へさかのぼり、目標であったモノづくりのほぼ全部署の現場経験が出来た事です。そして最後に行きついたゴールは人の教育であると気付き人財教育制度の構築、ならびに本社設計&生産&販売マーケティング会社の3社協同(販売~商品改良)プロジェクトを企画運営し、そのリーダー兼人材育成講師を約5年間担当してまいりました。

 

その幅広い知見が私の強みでありオンリーワンです。

 

 また、起業のきっかけは東北震災3.11、関連工場の被災社員80名を家電量販店70ヵ所へ派遣するプロジェクトの推進リーダー兼講師として活動の出来事です。苦心したのは被災社員自身が心に傷を負っている中で接客業の畑違いのストレスでつぶれないか、店舗より返還される脱落者を一人でも出さないこと。その心のケア、やる気の向上、仕事の喜びを喚起する配慮や教え方、仕掛けづくり等です。

 

 実際、研修初日の最初の一言「どんな顔でどんな声かけから始めれば良いのか?」研修直前まで答えは出ませんでした。そこで部下から「北川さん、いつも通りの笑顔で行きましょう!」との一言で覚悟が決まり講習を進めると、少しずつ受講者の目が輝き、笑顔が出始めました。最後には全員「やってみよう!」と参加意向の挙手があったのです。

 

 それから4か月後の報告会で脱落者は0、各受入れ量販店の店長からは「他社は質が問題で中止したがソニー社員だけは違う」という感謝のメッセージ、参加者からは「売上がどんどん上ると共に、お客様からの感謝やリピートが増え続け、仕事の喜びを実感できた。」「自分の人生が変わった、人生が救われた研修だった」等の発表が続き、参加者全員が歓喜と涙溢れる報告会となったのです。

私は「私欲を捨て200%で人を導く手助けができた喜び、会社人生で一番の爽快感と感動」を頂きました。

 

それがコンサルタント・講師業を起業した私のきっかけです。